【レビュー】吸い付くような持ち心地のスタイリッシュなiPhoneケース「AndMesh」。


2015年、話題になったオシャレなiPhoneケース。

iPhoneは基本そのままのデザインを楽しみたいタイプなので現在主力は以前紹介したガラスフィルム+透明保護ケースを主力にiPhoneを楽しんでいます。

iPhone_Case_glass_Film_Thin_Top
そのままのデザインは勿論素晴らしいのですが、気分によってケースのデザインを変える事が出来るのも楽しみの1つです。今回は今年話題になったiPhoneケース、「AndMesh」を使ってみて満足度が高かったので紹介しようと思います。
Andmesh_Dec 30 20157

ポイント

  • 「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した細部まで拘ったデザイン。
  • 純国産エラストマーを採用。柔らかすぎず硬すぎずiPhoneをしっかり保護。
  • 手にしっかりフィットするデザイン。
スポンサーリンク

手にしっかり馴染む、国産エラストマーケース。「AndMesh」。

高いデザイン性でドイツの国際的なプロダクトデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した話題のiPhoneケース。ずっと気になっていたので購入してみました。「Andmesh」は豊富なカラーバリエーションが売りの1つでもありますが、私は無難なブラックを購入。
Andmesh_Dec 30 20155

外装箱は波打ったオシャレなデザイン。「Designed & Made in Japan.」が全面に出されています。たしかにiPhoneケースは生産国に中国製が多いなか国産に拘っているケースは中々有りません。
andmesh_black_iPhone6_4Dec 26 2015

外装箱の細部もこだわられていて、マグネットでワンタッチ開閉出来る様になっています。よくあるテープで止めるタイプだと綺麗に剥がれ無くてストレスになる場合があるので、この心づかいは嬉しい所。
andmesh_black_iPhone6_9Dec 26 2015

細部まで拘ったデザイン。

開封してみます。名前の通りケース全体が満遍なくメッシュ形状という斬新なデザイン。見た目は落ち着いたマットな質感。良くあるツヤのあるプラスチック製ケースの様な安っぽさは有りません。
andmesh_black_iPhone6_13Dec 26 2015

シンプルですが全体的にデザインの完成度が高く、細部に拘っています。場所によって穴の大きさを変えているのが分かるでしょうか?中央付近の穴が大き目に取られています。
Andmesh_Dec 30 20153

実際にiPhoneを装着してみるとよく分かりますが、appleのロゴマークがメッシュの下からうっすらと浮き上がります。
Andmesh_Dec 30 20156

装着してみると絶妙なフィット感が心地良く、iPhoneをしっかりと保護してくれます。
andmesh_black_iPhone6_6Dec 26 2015

カメラ周り。iPhone6/6Sはカメラが0.7mm突起しています。このカメラ周りを保護できる十分な厚みを確保しています。
andmesh_black_iPhone6_5Dec 26 2015

スピーカーや端子周り。各端子周りにぴったりと装着出来ます。
andmesh_side2

ケースの裏側は質感が異なり、ツヤツヤとしています。ケースを装着すると全く見えない部分ですが表側と比較してグリップ感が強いため、装着時にiPhoneがしっかり固定する配慮でしょうか。エラストマー素材は元々このようなツヤのある質感で外側のみ表面処理を施しているのかもしれません。
andmesh_black_iPhone6_1Dec 26 2015

純国産エラストマー素材を採用。柔らかすぎず硬すぎず。

初めて手にした際に印象と違っており驚いたのですが、意外と硬くてしっかりした素材感。シリコンやTPU素材のように握ると変形するのですが、柔らかすぎず分厚いゴムを触っているような質感です。手触りもサラサラとした触り心地で心地よい手触りです。
andmesh_black_iPhone6_10Dec 26 2015材質について詳細の記載がなかったため分かりませんが、おそらく「熱可塑性エラストマー」を素材に採用していると思われます。熱可塑性エラストマーはゴムとプラスチックの中間の素材として注目されている材料で、大量生産に適したプラスチックと同様の成形方法が可能でゴムの様な弾性を持つ素材です。

この弾力ある素材で、厚みが約2.5mmと厚めに取られているので、iPhoneをしっかり保護してくれます。
1Andmesh_Dec 30 20155

手にしっかりフィットするデザイン。

このケースの一番の売りは何と言っても手にしっかりフィットする点。場所により厚さを変化をつけており、中央の手のひらに当たる部分は分厚く、外側にいくにつれてなだらかに薄くなっていくデザインになっています。この形状がしっかり手に馴染んでくれるため非常に持ちやすいです。
1Andmesh_Dec 30 20156iPhoneは3G時代はこのような丸みを帯びたデザインでしたよね。思い返してみればあの頃のiPhoneが一番持ちやすかった気もします。

メッシュ状の表面と、手にフィットする形状が相まって手に吸い付くようです。見た目もiPhoneの洗練されたスタイリッシュさとはまた違った格好良さがありますね。
andmesh_black_iPhone6_12Dec 26 20151Andmesh_Dec 30 20151

普段iPhoneを落としてしまいがちな方にお勧めしたいケースです。バリエーションはiPhone6S/6S+/6/6+用がそれぞれ用意されています。
以上、吸い付くような持ち心地のスタイリッシュなiPhoneケース「AndMesh」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑