世界の風景が4K解像度で映し出されるデジタルな窓、「Atmoph Window」が素敵。


2016/3発売予定。

kickstarter発のプロダクト。任天堂出身のエンジニア2人が「4K撮影の映像とサウンドで世界の風景を自分の部屋に広げる」というコンセプトで開発されたプロダクトです。

スポンサーリンク

世界の風景を映し出せるデジタル窓。

このgif画像にやられました。静かに読書をしている男性の傍らでぱちぱちと焚き火が燃えています。こんないい雰囲気なら読書にもしっかり集中出来そうです。
animated-fireplace

続いてデスク脇に設置。こちらは渓谷が映し出されており、良く見ると川が流れています。スピーカーが搭載されているため、リアルなサウンドも楽しめます。窓のない味気ないデスクが、リアルな4K動画と音で大自然の中にいるように錯覚させてくれるというわけです。
atmoph_Window_Dec 24 20157top風景をデジタルで見るというのは少し寂しい気もしますが、都心に住んでいると中々窓の外の風景を楽しむ事が出来ないですよね。「Atmoph Window」は世界中の風景を楽しむ事が出来るデジタルな窓というわけです。

動画で見ていただくとイメージがつきやすいかと思います。静かなリビングに海の風景と鳥のさえずりが響きます。

詳細スペックは以下。どう見ても窓のスペックでは有り得ないですね笑

仕様
■27インチディスプレイ (1920×1080、ノングレア)
■1.5GHz クアッドコア ARM Cortex-A5
H.265ハードウェアデコーダ
■1GB DDR3メモリ
■32GBストレージ
■近接/明るさセンサー
■Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4 GHz)
■3Wフルレンジスピーカー
■サイズ: 640x380x55mm
■重量: 4.9kg
■電力: 30W(白熱電球1個の約半分)

4K解像度で高画質・高音質。

窓として設置するものですので、高画質でないと盛り上がりません。4Kで撮影された動画&サウンドが200本以上ラインナップされており、世界中の風景と臨場感のあるサウンドを楽しむ事ができます。
atmoph_Window_Dec 24 20153

シーンの切り替えなどの操作や、シーンの追加購入/ダウンロードはスマホ(iOS/android)やApple Watchから行います。仕様を見る限りWifiで接続するようですね。まさにデジタル窓。
atmoph_Window_Dec 24 20152勿論、自分で撮影した動画を流す事も可能です。

天気、時計、カレンダーなど必要な情報を表示しておける。

これが地味だけど便利そうだなーと思っている機能。スマホの待ち受け画面の様に様々な情報を表示させる事ができます。
atmoph_Window_Dec 24 20155我が家には実はテレビが無いのですが、唯一困るのが朝家を出る前に天気予報を確認出来ない事。スマホのアプリを立ち上げるのが面倒で、何となく空を見て判断していると高確率で判断を誤ります。。

その点、壁に掛けてある窓を見るだけで天気が分かるのは便利ですね。

目覚まし機能も搭載。

気持ちの良い鳥のさえずりの目覚まし音で気持ち良く目がさめるとの事。半分スマホの様な機能を搭載しているイメージですね。
atmoph_Window_Dec 24 20156

インテリアに馴染むデザイン。

今までの機能は基本的にはPCでも勿論実現可能でしょうが、ディスプレイをあたかも本物の窓の様なデザインにする事によりインテリアに馴染むプロダクトに仕上がっています。
atmoph_Window_Dec 24 20157ディスプレイのベゼル(窓枠)もナチュラルなオーク、ウォールナット、ホワイト、ブラックの4色から選ぶ事ができます。

「Atmoph Window」は2015/6にクラウドファンディングのkickstarterで先行予約キャンペーンを行い、2,000万円以上の資金調達に成功。現在は2016/3の発売に向けた予約受付を行っています。価格は$549(¥65,880*¥120/USD換算)と決して安くは有りませんが、27インチの4K液晶ディスプレイと考えると妥当なところでは。

インテリアにおける窓ってとっても重要ですよね、見える風景で雰囲気がガラッと変わったりします。様々な風景を楽しめる「Atmoph Window」いかがでしょうか?

こちらから購入可能です。
Atmoph Window


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑