まさかの卓上で使えるコンパクト暖炉、「FEUERSTELLE」がオシャレ。


変わり種のインテリア雑貨を見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

冬のインテリア、卓上暖炉。

聞き慣れない言葉ですが、外見を見るとしっくりと来る表現です。「FEUERSTELLE」はドイツ語で暖炉の事。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_Dec 18 2015_11919年創業のドイツの老舗カトラリーメーカー、Carl Mertens(カールメルテンス)社の製品です。カールメルテンス社は精密な加工技術と洗練されたデザインから数々の賞を受賞している老舗メーカー。今回紹介するのは一風変わったコンパクトな「卓上暖炉」です。

手軽に暖炉を楽しむ。

2本のステンレス製シリンダーの中にオイルを入れ、内部のグラスファイバー製の芯にライターで着火して火をつける仕組み。炎がユラユラと揺れるちょっと贅沢なインテリアを卓上で手軽に楽しめるというわけです。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_Dec 18 2015_4

名門カトラリーメーカーの製品だけあって価格も名門級なのですが、こういったシンプルな製品はシンプルであればある程、材質や加工精度の質が低いと目立ってしまいます。「FEUERSTELLE」本体はステンレス削り出しで精密に作られているという贅沢な一品。炎を灯していない際でもオブジェとして十分通用しそうです。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_Dec 18 2015_2

ベース部分もこだわっていて、スレート(粘板岩)を採用しています。瓦や書道のすずりなんかに使われる素材ですね。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_Dec 18 2015_3

かおりも楽しめる。

シリンダーの中にオイルを入れて揺れる炎を楽しめるのも素敵ですが、香料入りのオイルを入れて香りを楽しむ事も出来ます。お部屋のインテリアのお好きな場所にアロマキャンドルやルームフレグランスとして配置して楽しむ事ができます。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_2_Dec 18 2015_1

価格が¥54,000と高額なのがネックですが、、変わり種のインテリアをお探しの方、ご検討されてみてはいかがでしょうか。
FEUERSTELLE_CARL_MARTENS_2_Dec 18 2015_2
以上、見た目にも暖かい炎のオブジェ、卓上暖炉「FEUERSTELLE」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑