近未来のUSBメモリはちぎって使い捨て?「GIGS 2 GO」が発売。


うまくいけば化けるかも。

この製品はKickstarterで人気を博し、商品化したプロダクトです。USBメモリーとしては革新的なアイディア。
Gigs_2_go_7

スポンサーリンク

ちぎって使う、新感覚USBメモリ。

クラウドの進化により徐々に存在感が薄れてきてしまっているUSBメモリーですが、こんな新しいタイプが発売されました。
Gigs_2_go_3
外装はエコな100%再生紙で作られており、必要な分だけちぎって使います。USBメモリーの1つ1つは8GB。ちょっとしたデータの格納には十分な容量が確保されています。
Gigs_2_go_4クラウドは勿論便利なのですが、通信が可能な場所でしかその利便性を発揮することができません。また大きなデータの移行を通信で行うと時間がかかってしまいますし、モバイルですと最近は通信制限なんていう縛りも存在します。

その点USBであれば通信環境に関わらず、素早くデータ移行が可能です。そういった点ではサブ的なポジションでUSBメモリーはまだまだ活躍する場が有りそうです。

手軽にメモ。

中身が分かりにくいUSBメモリーですが、「GIGS 2 GO」は外装が再生紙で出来ているためコンテンツを直にメモすることが出来ます。これいいアイディアですよね、ちょっとグッときました笑
Gigs_2_go_2急遽データの受け渡しが必要になった際に、ポケットから取り出して1つちぎってコンテンツをメモして渡す。なんてちょっと使い捨てっぽい使い方が出来るというわけ。

ポケットや財布にスマートに収まるコンパクトな本製品を携帯しておけば、ビジネスで急遽データ移行の必要に迫られたり、友人との旅行の写真・動画を共有したりと用途は結構有りそうです。映画みたいでカッコイイですね。
Gigs_2_go_5

ちょっと高い。。

現在の販売価格は¥5,282と容量に対して少し強気の価格設定。使い捨てとして用いるには1回¥1,300掛かってしまうため、ちょっと気軽には使い捨てられない値段かな。。
Gigs_2_go_1
もしもの時にサブ的に持っておくUSBメモリーとしてはコンパクトさや、再生紙で出来た真新しい外観は魅力ありますね。

使い捨ての王道といえば¥100ライターがパッと頭に浮かびましたが、近い将来1つ¥100位でUSBを使い捨てられる未来が来るのでしょうか。ちょっと未来を感じさせるUSBメモリーの紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑