iPhoneのデザインは限界までそのままに、しっかり保護出来る「ケース&保護フィルム」検討結果レビュー。


コンセプトは「出来る限りiPhoneのデザインを損なわずに」。

スポンサーリンク

デザインを限界まで損なわず、iPhoneを守るには?

iPhoneは基本的には何もつけずに使いたい派なんですが、使っているうちにどうしても細かなキズが目立ってきてしまいます。これがめちゃくちゃ気になる。

また、落として液晶を割ってしまったりすると修理代が本当に高い。MNPで本体を買い直してしまった方が安くついたりします。

特にiPhone6から本体サイズが大きくなった上に、表面がサラサラとして滑りやすいので落としてしまう可能性が格段に上がりました。特に手の小さな女性はそう感じられている方、多いんじゃ無いでしょうか?

これを考えると背面・側面を守る「ケース」と液晶をしっかり守る「ガラスフィルム」は必需品と考えています。

じゃあ、「iPhoneのデザインを限界まで損なわず、しっかり本体を守るベストな選択は?」という点を考えてみました。

ケースと保護フィルムの選択ポイント。

液晶保護フィルムの選択ポイント

  • 液晶をしっかり守るガラスフィルム。
  • 透明度の高さ。
  • フィルムの薄さ。
  • iPhone6のラウンドエッジまで全面保護。

ケース選択のポイント。

  • クリアケース。
  • ケースの薄さ。
  • 手にしっかり馴染む材質。

上記ポイントに加えて考慮したのが、「ケースと保護フィルムの組み合わせ」です。ガラスフィルムとケースの厚みが大幅に異なるとどうしても境目が目立ってしまい、「ケースをつけてる感」が出てしまいます。

これより、薄いガラスフィルムに凹凸なくフィットするクリアケースを探す事から始めました。

選択した保護フィルムとケースを先に言ってしまうと、下記2アイテムを選びました。

1つずつチェックしていきます。

ガラスフィルム。

モバイル周辺機器を多く扱うMSプロダクトの製品です。ガラスフィルムは国内メーカー品から中国製の破格の安価品まで多種多様な物がリリースされていますが、iPhone6/6sのラウンドエッジまでしっかり保護するタイプとなると絞られてきます。
1_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_4細かいかもしれませんが、iPhone6のガラスフィルムでホームボタン周りが切り取られているタイプは、フィルムが目立ってあまり好きでは有りません。。こういうタイプですね。。*このフィルムは購入したケース付属のもの。

今回は「出来る限りiPhoneのデザインを損なわずに」がコンセプトですので、全画面保護してくれる本製品を選択しました。最高レベルの硬度9Hを維持しながら厚さ0.3mmと極薄です。
2_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_2早速装着してみましたが、フィルムを貼っている感が全く有りません。

「出来る限りiPhoneのデザインを損なわずに」というコンセプトに対してはこのガラスフィルムはかなり正解に近かったかなと思います。

唯一、サイドから覗いた際に、0.3mmの厚さ分が僅かに確認できます。ここに関しては形状がラウンドエッジの時点で防ぎようが無いですね。
9_1_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_1これに関してはケース側でカバーする事を考えました。

クリアケース。

0.3mmガラスフィルム分厚みが増したiPhoneに違和感なく装着できるクリアケースを探した結果、こちらも極薄、厚さ0.5mmのクリアケースを見つけました。CASE FACTORYから販売されている、iPhone6s/6用TPUソフトケース 。TPUとはポリウレタン樹脂の事。ゴムの様なしなやかな弾力性と、プラの強靭さをあわせ持った材質です。
4_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_16CASE FACTORYという企業は初めて耳にしましたが、レビューも悪くなさそうだったのと、¥1,000という価格もあり購入。本当はフィルムに合わせた0.3mmのモノを探していたのですが、ソフトケースとしてはこれしか見つかりませんでした。

ソフトケースにこだわったのには理由が有って、iPhone6の本体サイズは私の手には少し大きいため、落とさないようグリップ性のある素材を選びたかったからです。透明度が非常に高いのもポイント高いです。
5_1_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_7シリコン製も悩んだのですが、厚さの課題が中々クリア出来なかったのでTPU製へと落ち着きました。

なにしろ安価なので完成度が気になるところですが、カメラ周りもバリなく仕上げられており特筆して気になるところは無し。
5_1iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_11

ケース装着。

早速装着です。柔らかい素材という事もあり難なく装着できました。
6_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_9続いて背面。
7_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_5いかがでしょう?薄っすらとクリアケースの輪郭が浮かんでいますが、ガラスフィルムとケースの存在感は我ながらかなり消す事が出来たと思います。

0.5mmという薄肉ケースですが、想像していたよりも「iPhoneを保護している感」が有りました。

1番違いを感じたのがiPhone操作時のグリップ感。ケースがないとサラサラとした本体を落としてしまわないか不安でしたが、TPUの弾力のある特性が手にしっかりと馴染んでくれます。
これだけでもケースを装着する価値が有ると感じました。

カメラは完全保護できない。でもケースの作りには文句無し。

iPhone6のカメラ周りは0.5mmという薄肉もあり、カメラを保護する形状とは言えません。iPhoneを平面に置く際にはカメラを下にしておかない方が良さそうです。外観と保護どちらを取るかという所ですが、ここは迷わず外観をとります。各種ボタン周りはケースが上から覆う形になりますが、ボタン操作には全く支障有りません。
8_1iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_15
コネクタ周りも綺麗に仕上げられており、コネクタやスピーカー穴の1つ1つがケース側と一致します。
8_2_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_12

ケースとガラスフィルムが滑らかにフィット。

最後に側面から。
ケース装着前はラウンドエッジ部分がガラスフィルムの厚さ0.3mm分段差が出来てしまっていましたが、ケース側でラウンドエッジをしっかりとカバーしつつガラスフィルム端部に滑らかに繋がってくれます。まるで、iPhone全体を薄くコーティングした様に仕上がってくれました。
・ケース装着前
9_1_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_1
・ケース装着後
9_2_iPhone6s_CASE_HOGO_FILM_2薄肉化が進んでいるガラスフィルムに対して、ケースをラウンドエッジから凹凸なく滑らかに繋げるにはケース側も薄肉化された物がベストですね。我ながら想像以上に良い仕上がりでした。

いかがでしたでしょうか、「出来る限りiPhoneのデザインを損なわずに」というコンセプトに対し、これ以上薄くするとiPhone本体保護機能を落としてしまう事に繋がるのでバランスが難しいですね。

今回は厚さ0.5mmのケースを試してみましたが、以前紹介した0.38mmのケースも今後試してみたいと思います。

iPhone_case_MS_products_zero_air_Crystal_LEPLUSOct 08 2015Oct 08 2015_Oct 08 20152

以上、iPhoneのデザインは限界までそのままに、しっかり保護出来る「ケース&保護フィルム」検討結果レビューでした。

iPhoneケースをお探しの方にはこちらもオススメ。

iphone6s_taioucase_matome_top
発売日は9/25ですが既に対応アクセサリが発表されています。
linkase_clear_iPhone6s_top
最早アクセサリーの域を超えてきています。

Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑