21世紀のデジタルなロケットペンダント、「USB LOCKET」。


現代のロケットペンダントは2GBです。

スポンサーリンク

現代のロケットペンダント。

NYで活躍するデザイナーEmily Rothschildにより今の時代に合わせてリデザインされたロケットです。
3_Oct 19 2015_USB_LOCKETロケットペンダントとは、ペンダントのチャームの部分が開閉式になっており、中に写真や薬などを入れておける古くからあるアクセサリー。

世界大戦時代にはアメリカやイギリス軍兵士はロケットの中にコンパスが入っていたそうです。

そんな伝統あるアクセサリーですが、時代に合わせて進化しようとしています。

中に入っているのはUSBメモリー。

チャームの中にぴったりと収まっているのは写真ではなく、小さなUSBメモリーです。
2_Oct 19 2015_USB_LOCKET今までのロケットペンダントは1枚の写真しか入れる事が出来ませんでしたが、これならば容量の許す限り写真を入れておく事ができます。ちなみに容量は2GB。

何もかもデジタルにしてしまうというのはちょっと寂しい気もしてしまいますが、発想としては面白い製品だと思います。

この思い出だけは絶対無くしたくないという物をバックアップの意味も込めて入れておくのもいいかもしれませんね。
1_Oct 19 2015_USB_LOCKET写真や動画はスマートフォンで幾らでももちあるけてしまう現代ですが、アクセサリーとして身に付けられるというのは特別な思い入れが込められる気がします。

大切な思い出を詰めて、ギフトとして大切な人へプレゼントするのもいいかもしれませんね。

以上、21世紀のデジタルなロケットペンダント、「USB LOCKET」の紹介でした。

こちらから購入可能です。
USB Locket


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑