お洒落なタブレットスタンドのオススメ7選、購入比較検討用まとめ。


iPad用のスタンドを探しています。

tablet_stand_osusume_matome_top現在apple純正品の折りたたむタイプのレザーケース(通称お風呂のフタ)を使用しているのですが、ケースだけでスタンドさせるとどうしても安定性に欠けてしまいます。というワケでタブレット用スタンド購入に向けてポイント比較検討メモをまとめてみました。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

関連:

iphone6s_taioucase_matome_top
発売日は9/25ですが既に対応アクセサリが発表されています。
スポンサーリンク

▼目次

記事が長くなってしまったので目次を付けました、クリックでジャンプできます。

人気No.1!
ANKER®タブレット用スタンド。


Google出身者により設立されたANKERですが、モバイルバッテリーから始まり一躍モバイルアクセサリーメーカーとしての地位を確立しました。タブレットスタンドも完成度が非常に高い仕上がりとなっており、Amazonのベストセラー1位を獲得し続けています。anker_tablet_standポイントをまとめるとこんな感じ。

POINT

  • スタンドの無段階角度調整。好きな角度に調整できます。
  • 耐荷重5kg。
  • apple製品に馴染む高級感のあるアルミ筐体デザイン。
  • タブレットとの接地部にラバーパッドで滑り&傷防止。
  • 圧倒的なコスパ。まさかの¥999という価格で購入できます。(*2015/10/10時点)

この低価格設定は、よりコンパクトに軽量化された上位モデル「コンパクトマルチアングルスタンド」発売に伴い徐々に上位モデルに切り替えていく狙いがあると考えられます。

▲目次にもどる

ANKER®コンパクトマルチアングルスタンド。

こちらの価格設定が2015年10月現在¥1,499となっておりますがそれでも安い。上述のマルチアングルスタンドと比較して重さ約100gと△40%も軽量化を実現しています。軽量化されているところに+¥500の価値を見出すかどうかとなってきますが、正直迷う程の価格差ではないかなと思います。

ただし、角度調整は無段階角度調整可能だった前任機に対して30°ずつ9アングルの調整レンジに変更されているので注意しましょう。
自宅のデスク脇のiPadスタンドとしてだけでなく、外出先に持ち歩くことが想定される方には100gという軽量スタンドは魅力ではないでしょうか。
anker_compact_tablet_stand

▲目次にもどる

TWELVE SOUTH 「COMPASS2」。

appleストアにも置かれている、洗練されたデザインに定評のあるTWELVE SOUTHのiPadスタンドです。さすがに洗練されたデザインで、名前の通りコンパス型の面白い形状をしています。一見不安定に見えるかもしれませんが、三点支持することにより見た目以上の安定感があります。twelvesouth_compass2_for_ipad

角度調整は二段階で動画の閲覧などに最適な角度と、タイピングの際に適した角度に調整できます。ANKERのスタンドと比較すると角度調整はちょっと劣ってしまうかもしれません。
TWELVE_SOUTH_COMPASS2Oct 17 20153

折りたたむとかなりコンパクトにする事ができるため、外出する際の持ち歩きには便利です。重量は230g。少し重いですがスタンドとして持ち運ぶには許容範囲内かと思います。
twelvesouth_compass2_for_ipad_2

長所

  • なにしろカッコイイデザイン。
  • 3点支持による安定感の高さ。
  • コンパクトに折りたためる携帯性の良さ。

短所

  • ¥5,400とタブレットスタンドとしては高額。デザイン料と考えるしかないか。。
  • 角度調整が2段階。

▲目次にもどる

デバイスジャパン、「Xstand」。

こちらもかなり人気の高いコンパス型タブレットスタンド。角度は自由に調整する事が出来、折りたたむとコンパクトになるので持ち運びもしやすい。ただし、重量が250gなので多少重いかもしれません。
3_dvice_japan_tablet_standOct 17 2015

タブレットスタンドといいつつノートPCスタンドとしても使用できるがっしりとした作りになっています。
2_dvice_japan_tablet_standOct 17 20154_dvice_japan_tablet_standOct 17 2015

長所

  • ノートPCも問題なく支える安定感。
  • コンパス型のお洒落なデザイン。
  • ¥1,500と比較的安価。(2015年10月時点)
  • 自由に角度調整可能。

短所

  • 重量240gと重め。

▲目次にもどる

Dekke 「Slope」

DEKKEは元々Kickstarterで資金集めに成功し、起業&商品化しました。最大の売りはミニマルでiMacの様に洗練されたデザイン。以前にも一度紹介しています。

余計なパーツが付いていないミニマルデザインを実現している秘密は表面の特殊ナノフォーム。表面に微細な孔が開いており、これによりタブレットを吸着する仕組みになっています。吸着力が気になるところですが凹凸のない平面であれば垂直に固定しても落ちることはありません。

日本国内からは並行輸入品しか手に入らない点、他にはない吸着フォームという売りもあるので¥8,000と高めの価格設定になっています。
ポイントは以下。

長所

  • ナノフォームでしっかり吸着&安定。
  • ミニマルな洗練されたデザイン。この製品はこれにつきます。

短所

  • ¥8,000とタブレットスタンドとしては高額。
  • 角度調整不可。
  • 折りたためないため、持ち歩きには向かない。

▲目次にもどる

BLUELOUNGE® 「MIKA」。

ケーブルマネジメント系のアイテムに定評のあるBLUE LOUNGE®のiPadスタンドです。かな〜りシンプルなデザインです。機能性といういみでは他のスタンドと比較すると劣ってしまうかもしれません。
1_2_bluelounge_mika_Oct 17 2015

そのシンプルさゆえのすっきりしたデザインは、ツボに入る人にはたまらないデザインではないでしょうか。デバイスを支える部分にはラバーコーティングがなされており、傷がつかない配慮がなされています。
1_1_bluelounge_mika_Oct 17 2015

タブレットだけではなく、ノートPCモスタンド可能。安定感は問題ありません。
1_4_bluelounge_mika_Oct 17 2015

長所

  • シンプルなデザイン。
  • ノートPCもスタンド可能。

短所

  • 角度調整不可。
  • 折りたたみ不可なので持ち歩きには向かない。
  • 機能が少ない割に¥5,000と高め。

▲目次にもどる

Spindo® タブレットスタンド。

正直なところSpinidoというメーカーを初めて聞いたのですが、amazonでタブレットスタンドを物色していたところ見つけたのでメモ。iMacを連想させるアルミデザインがなかなか高級感があります。重量は400gオーバーなのでかなり重厚感のある作りなっており安定感は問題なさそうです。価格は2015年10月現在¥2,500。仕様に対してちょっと高いかな。。
spindo_tablet_stand一応ポイントをメモしておきます。

長所

  • スタンドさせた際の安定感
  • iMacの様な洗練されたデザイン。
  • 充電しながら使用できる穴が背面にあること

短所

  • 重いため、持ち運びに向かない。
  • 角度調整不可。

▲目次にもどる

iPadをより快適に使いこなすにはiPadスタンドって結構重要なアイテムだと思います。購入検討されている方の参考になれば幸いです。以上、お洒落なタブレット用スタンドのオススメ7選、購入比較検討用まとめでした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑