STAR WARS エピソード7の転がる新ドロイド、「BB-8」のリアルラジコンがめちゃくちゃ楽しそう。

2015.09.25 ガジェット


映画の中のBB-8を完全に再現。

今年の年末の映画の目玉といえば「スターウォーズ /フォースの覚醒」ですね。今回初登場するキャラクターとして球状の転がるドロイド「BB-8」が、可愛らしい外見から予告編の段階から早くも話題になっています。
star-wars-the-force-awakens-bb-8
関連グッズの発売が話題になる中、飛び抜けて気になるアイテムを発見したので紹介。

スポンサーリンク

リアル「BB-8」ラジコン、「BB-8 by Sphero」。

球体の体を転がしながら走る斬新な走行方法や、コンピュータちっくな声の作中「BB-8」を再現しきっています。STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_2_Sep 22 2015発表したのはロボットメーカーのSphero社。同社は以前にも同様の回転体のロボットを開発している事で有名なメーカーです。

回転ボディで転がりながら移動。

移動シーンがこちら。衝撃のワンシーンです。もはや映画か現実か区別が付かないですが、本当にこのままの動きをします。
STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_6_Sep 22 2015因みに頭部は仕込まれたマグネットの磁力によりしっかりボディに張り付いており、頭部の裏側のローラーで走行中は常にボディの上を走っているような構造。近未来感が有りますねー。

操作はスマートフォン。

更に近未来感を出してきます。スマートフォンアプリをダウンロードすればお手持ちのスマートフォンがコントローラーになります。
STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_1_Sep 22 2015

通信方式はBluetooth。専用アプリを立ち上げた状態でBluetoothの通信圏内に近づくだけで反応して操作が可能になります。
STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_4_Sep 22 2015

再現性が凄い。

映画そっくりなコンピュータちっくな声で頭を小刻みに動かしながら喋ります。しかも音声認識で人の声に反応するという優れもの。この間このBB-8をトイザらスで販売しているのを見かけたのですが、これ最早子供のラジコンの域を超えていますよね。大人も熱中してしまいそうなロボットです。
STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_3_Sep 22 2015

本体は高さ10cmとかなりコンパクト。まるで作中のBB-8がそのまま飛び出してきたかのようです。
STAR WARS episode7_BB-8_R001ROW_5_Sep 22 2015

詳細は以下。

対応OS : iOS 8以降 & Android 4.4.2+
対応端末(iOS) :iPhone4S以降/iPad 第3世代以降/iPod touch第5世代以降
対応端末(Android) :BLE対応の端末/ 背面にカメラを搭載している端末
重さ : 200g
サイズ : 高さ10cm 直径8㎝
スピード : 最大秒速2.2m
Bluetooth接続範囲 : 30m

動画で見ると動きが良く伝わるかと思います。engadgetさんが実際に動くシーンを取材している動画があったので紹介。

お子様のクリスマスプレゼントにも良さそうですが、大人のほうが夢中になってしまいそうですね笑

以上、STAR WARS エピソード7新キャラクター「BB-8」のリアルロボットの紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑