伝統工芸品”曲げわっぱ”で作られたコーヒーカップ「Alpha」が渋い。


格好良すぎ。

格好良いコーヒカップを探していたら渋すぎるコーヒカップを見つけました。未熟な自分が使うにはまだ早いかもしれません。

スポンサーリンク

曲げわっぱ×コーヒーカップ。

伝統工芸品とコーヒカップという異色の組み合わせですがどこかしっくりくる様に感じるのは私だけでしょうか。Alpha_cup_5Aug 25 2015素材も国産の秋田杉を用いて作られています。

日本各地の伝統工芸品、曲げわっぱ。

そもそも曲げわっぱとは・・

曲げわっぱ(まげわっぱ)とは、スギやヒノキなどの薄板を曲げて作られる円筒形の木製の箱のこと。曲物であり、本体とふたで一組になる。主に米びつや、弁当箱として使われる事が多い。
*Wikipediaより引用

正直な所、私は「曲げわっぱ」にあまり馴染みがありませんでしたが杉の木をここまで綺麗な曲線に成形出来るんですね。日本の伝統工芸として受け継がれた技術がなせる技です。
Alpha_cup_1Aug 25 2015

デザイン性もさる事ながら、曲げわっぱの特徴として薄い木の板を曲げて成形しているので非常に軽いというメリットがあります。
Alpha_cup_3Aug 25 2015

伝統工芸品×現代デザイン

普段中々混ざらない2つがコラボレーションすることで、心地良い違和感(良い意味で)を感じるプロダクトに仕上がっています。ちなみに上から覗き込むとアルファベットのαに似ているので「Alpha」と名付けられました。
Alpha_cup_4Aug 25 2015

普段何気なく使っているコーヒーカップですが、毎日使う物こそこうしたこだわった一品を使いたいものです。
Alpha_cup_2Aug 25 2015年配の方へのギフトにも喜ばれそうですね。

以上、伝統工芸品の”曲げわっぱ”で作ったコーヒーカップ「Alpha」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑