なくし物の恐怖から解放される、紛失防止タグなら「TILE」がオススメ。


クラウドファンディング発の近未来ガジェット。

以前紹介した紛失防止タグ、「DUET」ですが国内で取り扱っていたECサイトさんでずーっと売り切れが続いてしまっているのでちょっと手に入りずらくなってしまっています。

slooProImg_20150213203740.jpg

そこで今回は他の製品をご紹介。

スポンサーリンク

近未来ガジェット、紛失防止タグ。

今回紹介するのは「TILE」。紛失防止タグは海外メーカーから幾つか販売されていますが、デザイン性・機能性の面から完成度が高くオススメの製品です。見ての通りかなりシンプルなデザイン。TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_1

紛失防止タグって?

まずはどういったものかをご説明。紛失防止タグとは、位置情報を利用してなくし物を簡単に見つける事が出来るガジェットです。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_4

スマートフォンと連携。

このプレートと、スマートフォンを連携させられる所がミソ。スマートフォンの専用アプリから「TILE」が今何処にあるのか?を簡単に確認することができます。接続方法はBluetooth。接続できる距離は約30mと制限が有りますが、30m以内であればアプリからアラートを鳴らして音を頼りに見つけ出すことが出来ます。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_6

通信範囲外の30mを超えた場合は最後に通信した場所を覚えているので「あそこで忘れて来たのか!」と言うのが分かるだけでも全然違います。
勿論、アプリを起動しなくて済むのが1番なのですが、これで無くし物の恐怖から解放されるというわけ。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_5

よく無くなるものに付けておく。

テレビのリモコンといえば無くなるものの代表格。家の中なのでBluetooth接続圏内の30mを超えることはあまり無いでしょう。30m以内であればアプリで方角やアラートで見つけ出すことが出来ます。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_9

カバンに忍ばせておくのも便利ですね。出掛ける寸前にカバンが無いというストレスから解放されます、
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_3

財布・キーケースに。

例えば、キーケースに一緒にぶら下げておけば鍵を無くしてしまった際に何処にあるかをすぐにスマートフォンから確認することが出来ます。小さなプレートなのでキーホルダーと共にぶら下げていても邪魔になりません。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_8
年に一度ほど嫁とディズニーランドに出掛けるのですが、嫁は何故か3回に1回はキーケースを何処かに忘れてきます。一体何故なのでしょうか。。そもそも「紛失防止タグ」に興味を持ったきっかけがコレ笑。

薄いので財布の中に収納しておけば財布を無くした時にも便利ですよ。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_2

旅行でも活躍。

もっとオススメしたいのが海外旅行の時。海外で失くしたくないものNo.1はパスポートですよね。パスポートケースに忍ばせておけば、いざという時に役立ちます。勿論使わないで済むのが1番ですが、保険として持っていて損は無いでしょう。
TILE_TAG_hunsitsubousi_Aug 06 2015_7

「TILE」は複数ある紛失防止タグの中でもかなり完成度が高いと思いますのでオススメです。無くし物が多い方、ご検討してみてはいかがでしょうか。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor


重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑