最近導入した野菜保存ツール、野菜をピッタリ包んで保存できる「Food huggers」がかなり便利。


新しい使いかけ野菜の保存方法を紹介。

スポンサーリンク

ピッタリ包んで美味しさをキープ

「Food huggers」は野菜や果物を保存するのに便利なアイテムです。
food-huggers4

使いきれない野菜をどう保存するか?

野菜や果物を毎回使い切れば問題無いのですが、あまり現実的では有りません。使う分だけカットして残りはラップで包んで保存するのが一般的ですよね。
特に気になるのがカットした野菜や果物の切断面。断面が空気に触れる事で水分が蒸発し、品質が落ちてしまいます。
Raw vegetables and wicker baskets isolated on white

そこで我が家で導入したのが「Food huggers」のスモールサイズ。材質は伸縮自在なシリコンで出来ています。このシリコンで出来たアイテムが野菜や果物の切断面にピッタリとフィットする事により、清潔に美味しく保ってくれます。
Food_huggersJul 08 20152

意外と色々な食材に使える。

初めは大きさの合う限られた食材にしか使用出来ないのかと思っていましたが、伸び縮みしてくれるので意外と大きさの異なる食材にもピッタリとはまってくれます。
我が家で主に使っているのはトマト/ダイコン/ニンジン/ピーマン/レモンなどなど。キュウリやゴボウなど細い根菜系には流石に使えませんでした。
Food_huggersJul 08 20153

もう少し大きなサイズまでバリエーション展開されています。グレープフルーツなど大きめの果物にはこちらの方が良いかもしれませんね。
Food_huggersJul 08 20151

容器のフタとしても活用できるそうですが、我が家のキッチンの保存容器には基本的にフタが付いているのであまりこの活用方法は行っていません。
Food_huggersJul 08 20155

使用感。

ワンタッチでピタッとはまってくれるので気持ちよく手軽に使えます。ラップで保存する手間が無くなるのと、見た目にも悪くないので気に入っています。

ちなみに使わないときは重ねてコンパクトに収納できるので便利ですよ。
food_huggers_last

Amazonで¥2,980とちょっと高いのが難点ですが、ラップという消耗品を使わず清潔に保てるので個人的にはアリだと思います。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑