使いやすさの追求から行き着いた、エルゴノミックキーボード、「Keyboardio The Model01」。


なんとも男心をくすぐるデザイン。

*この製品はクラウドファンディング製品です。
Kickstarterで資金調達開始後すぐに目標の12万ドル(約1480万円)
を集め、プロジェクト終了まで2週間を残して達成額は6月28日時点で27万ドル(約3320万円)を超える話題の製品です。
Keyboardio_The_Model_014Jun 27 2015

スポンサーリンク

使いやすさの追求の果てに行き着いた形。

開発したのは米カリフォルニア州オークランドに拠点を持つKeyboardio。現在の整然とキーが並んでいるレイアウトはタイプライター時代から変わらず使用されているレイアウト。Keyboardioが新たに2年半をかけて開発したレイアウト「The Model 01」がキックスターターで注目を集めています。
Keyboardio_The_Model_04

キーの形状・配置は人間工学に基づき人の手にフィットするよう考え抜かれた結果、左右分割式のバタフライ型に。指を正しい位置に導き、ミスタイプを減らすよう設計されています。
Keyboardio_The_Model_02

キーボード本体は、そのまま繋げたり、少し浮かせたり、完全に分割して使用したりとユーザー使用環境に合わせてカスタマイズすることができます。
Keyboardio_The_Model_011Jun 27 2015

キー配置も平面ではなく、所によって凹凸をもたせています。キートップもよく見ると指で押した時にフィットするよう、中央が窪んだデザイン。
Keyboardio_The_Model_016Jun 27 2015

外観デザインにも拘り。

筐体部分はメープルの無垢材削り出しという拘りよう。滑らかに仕上げられた端部が美しい。
Keyboardio_The_Model_012Jun 27 2015

LEDが仕込まれており、カラーは自由にカスタマイズすることが出来ます。
Keyboardio_The_Model_015Jun 27 2015

キー配置。

keyboardioはキックスターターで出資してくれた方にソースコードを全て開示し、知識のある方なら自由にカスタマイズ出来るようにするとの事。ユーザーのソースコードが共有され種々のカスタマイズから選択出来るようになるかもしれません。
Keyboardio_The_Model_017Jun 27 2015

「The Model 01」は7月16日までKickstarter出資募集中。現時点では299ドル(約3万7000円)の出資で1台入手できます。発送予定は2016年4月の予定との事。

キーボードに拘りたい方、検討してみては如何でしょうか。

こちらから購入可能です。Kickstarter
国内サイトではRakunewで出資代行が行われています。
Raknew

Keyboardioスタッフが愛用していたキーボードは購入可能。

左右分割型のエルゴノミックキーボードはKeyboardioが初めて作っているという訳ではありません。日本のパーソナルメディア社から販売されている「μTRON」も左右分割型のエルゴノミックキーボード。Keyboardioスタッフも「μTRON」を愛用していたそうです。

Microsoftからもエルゴノミックキーボードは販売されています。
elgonomickeyboard1

各社共通しているのは、力を入れずにキーに指を置いた状態に沿うような立体的な配列にデザインされている点。通常の直線上にキー配列が並ぶタイプだと肘をくっつけるように並行に置くため無理な体勢になります。
このような点を考慮し、使いやすさを追求してデザインされたエルゴノミックキーボード。「The Model 01」の発送が待ちきれない方、検討してみては如何でしょうか。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑