iPhoneをリアルなメタル・ウッド・レザー調に着せ替えられる、「iPhoneプレミアムスキンシール」。


気軽にイメージチェンジ。

iPhoneのカバーは多数販売されていますが、ケースを付けるとどうしても厚みが出てしまいがち。薄いケースを購入するのも一つの手ですが、今回紹介するスキンシールなら厚さを気にせずデザインを楽しめます。

スポンサーリンク

iPhoneプレミアムスキンシール。

まずはメタル調。iPhoneの薄さはそのままに、金属のリアルな質感を再現します。
metal_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 20155 copy

丸みを帯びたエッジの部分や、appleロゴ・ボタン・コネクタ類の周りにもしっかりとフィットする様設計されています。
metalpremium_skin_seal_iPhoneJun 20 20152 copy

拡大するとこんな感じ。金属のリアルな質感がワイルドな男性にぴったり。
metal_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 201511 copy

落ち着いたウッド調。

こちらはウッド調の落ち着いたデザイン。柔らかい印象で大人っぽい雰囲気に仕上がっています。
wood_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 201513 copy

握るとリアルな木の質感が手に伝わってきます。サラサラとした質感なので滑りにくくなるのもメリットの一つ。
wood_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 201510 copy

拡大するとこんな感じ。まるで木材から削り出したよう。
woodpremium_skin_seal_iPhoneJun 20 20157 copy

ウッド系スキンシールは全部で4種類。
wood_all_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 20151 copy

シックなレザー調。

最後は手にしっくりと馴染む、レザー調デザインのスキンシールです。個人的にはこれが一番好み。
rezar_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 20156 copy

高級感のあるレザー調が、シックな雰囲気を醸し出しています。まるで高級な手帳の様になりますね。
rezar_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 20159 copy

ちょっと大人の雰囲気のiPhoneに仕上げたい方、如何でしょうか。
rezar_premium_skin_seal_iPhoneJun 20 20154 copy

使用方法。

①付属のクリーニングフロスを使って携帯を拭き取る。
②背面向けのシールをはがし、下部から静かに貼っていく。貼ったあとは軽く抑える。
③背面部分はリンゴ部分を目安に合わせるように貼ると綺麗に貼れます。
④ドライヤーを使い側面部分のシールを暖める。これによってシールが柔らかくなり側面部分のシールが貼りやすくなります。
⑤全面用シールを伸ばしたり破かないように気をつけながら剥がし、インカメラやスピーカーを目安にしながらiPhoneの上から下へとゆっくり取り付ける。
⑥全体的にドライヤーの温風をかけてシールを固定させる。

1度貼り付けてしまうと、剥がす時に大変な目にあいそうですが、シール後が残らず綺麗に剥がすことが出来るため豊富なデザインを気軽に楽しむ事が出来ます。

気分転換にiPhoneのデザインを変えて楽しみたい方、検討してみては如何でしょうか。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor


重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング

Sorry. No data so far.

     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑