一味違うドイツ生まれのタフなティッシュ、”TEMPO”がスゴイ。


ドイツの定番ティッシュ。

お土産でたまに貰ったりしますよね?ドイツでは一家に1つ、必ず”テンポ”が有るそうです。

スポンサーリンク

ドイツの定番超タフティッシュ。

“テンポ”はティッシュペーパーですが、日本で使われているものとは全くの別物です。
tempo_thissue2Jun 10 2015

耐久性。

4枚重ねの構成になっており、日本のティッシュペーパーとは耐久性が全く異なります。メガネやカメラのレンズを拭いたり、手を洗った際に水を拭き取ったりしても問題なく繰り返し使えます。
日本でいうハンカチの様な使い方のイメージです。
tempo_thissue3Jun 10 2015

耐水性。

水に濡らしても、日本のティッシュペーパーのようにボロボロと崩れてしまうことは有りません。過去には洗濯機で洗っても問題ないという謳い文句で宣伝を行っていたそう。確かに普通のティッシュペーパーを洗濯機で洗うとボロボロになってしまい大惨事。
tempo_thissue2Jun 10 42015

使い心地は、日本のティッシュペーパーと比べるとかなり分厚いので初めは違和感があるかもしれませんが、慣れるとかなり便利。風邪を引いている時や、花粉症の時期には使い捨てハンカチとして重宝します。
tempo_thissue1Jun 10 2015

ドイツの方は使ってはポケットにしまい、繰り返し使っているそうです。鼻水をかんだティッシュをポケットにまたしまうのはちょっと抵抗が有りますが、ドイツの文化なんだそう。
1日使い捨てと考えれば、ハンカチの様に洗うわずらわしさが無くていいかもしれません。

一味違うドイツ生まれのタフなティッシュ、”TEMPO”の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑