iPhone 6をデジカメに変身させるiPhoneケース、”SNAP! 6″がカッコいい。


iPhoneをもっと便利に。

SNAP! 62

iPhoneでの写真を撮る時、ボタンの押しにくさを感じている方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
個人的にはiPhoneが進化し、薄くなるにつれてカメラが撮りづらくなった気がします。

スポンサーリンク

シャッターチャンスを逃さない!デジカメのようなiPhoneケース。

“SNAP6″はiPhoneをデジカメに変身させるiPhoneケースです。レンズが付いているケースは幾つか販売されているのを見かけましたが、使い易さやスマートなデザインに心惹かれました。
SNAP! 6_201505_25_3

iPhoneのシャッターボタンを押しやすく。

iPhoneのカメラはボリュームボタンで撮ることができます。発売当初は画面タッチでしか撮れなかった事を考えれば、ユーザビリティはかなり向上したと思います。
使い辛さを挙げるとすると、iPhoneのボリュームボタンはカメラのレンズ側に付いている事。カメラに自分の指が被ってしまったりするのでちょっと気にしながらシャッターを切る事になります。
SNAP! 65

“SNAP! 6″はスリムなフォルムの中に、この問題を解消する仕組みが組み込まれています。ケースのシャッターボタンを押すと、ケース内の仕組みによりiPhoneの「-」ボタンが押される仕組み。
まさにデジカメを使う感覚でiPhoneのカメラを操作する事が出来ます。
SNAP! 6_201505_25_6

こちらがシャッターボタン。ボタンを操作する側は手がフィットするよう少し厚みをだし、手が滑らないよう凹凸が付いています。
SNAP! 6_201505_25_2

iPhoneのスマートなデザインはそのままに。

横から見るとこんな感じ。
ボタンの部分には少し厚みを持たせていますが、他の部分はiPhoneの薄さを損なわないようにデザインされています。普段付けっ放しにしていても邪魔にならないデザインですね。
SNAP! 63

用途に合わせてカスタム。

“SNAP! 6″のカメラ穴部分には、レンズを装着する事が出来ます。デフォルトのカメラ機能に満足出来ない方は、レンズを装着して自分好みにカスタムしていきましょう。(レンズは別売りです。)
41tDXzRmzTL

今の所、販売されているレンズは以下の4種類。ここまで来ると本当にデジカメみたいですね。
snap! 68

iPhoneをもっと使いやすく。

ケースにはストラップホールも付いています。カメラの様に首からぶら下げたりしてもっと使い易くカスタムしていきましょう。
SNAP! 6_201505_25_4

その日の用途に合わせてどのパーツをつけて出掛けるのかを考えるのも楽しいですね。
SNAP! 6_201505_25_5


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑