25年間研がなくても良い漆黒の包丁!”EVERCUT”。

2015.05.24 調理器具 雑貨


最新技術による包丁の革新。

包丁を研ぐ作業って自分は嫌いじゃないんですよね、月に一回休日にノンビリ包丁を研いでいると「休みだなー」って実感出来ます。
とは言っても時間があまり無い時に包丁の切れ味が悪いとストレスになるのも確か。

スポンサーリンク

25年間研がなくて良い包丁。

こんな夢の様な製品が生まれました。”EVERCUT”は、フランスのTARRERIAS-BONJEAN社により、5年間の研究・開発を経て完成された包丁です。
evercutMay 21 20156

炭化チタン・超綱材料を4000℃以上の高熱のレーザービームでステンレス鋼の刃の縁に沿って溶融する技術によって生み出されました。
evercutMay 21 20154

強化された刃をダイアモンド・ホイール(EVERCUTの刃を研ぐことができる唯一の機械)によって何度も研ぐことにより、仕上げます。この精度の高い研磨製作工程がEVERCUTに鋭利な切れ味と、研ぎを必要としない耐久性をもたらします。
evercutMay 21 20155

「25年間研がなくて良い」のバックデータですが、繰り返し使用回数をデータにとり25年間を算出しているようです。
使用頻度や個人差により本当に25年間と言い切って良いのかは分かりませんが、通常のステンレスやセラミック包丁に対して耐久力が高いのは間違いなさそうです。
evercut_taikyusei_9b807bff-78b9-4f79-8043-f17a63b259d3_1024x1024

洗練されたデザイン。

研がなくて良いのも素晴らしいですが、刃から持ち手の部分まで黒一色のデザインも素敵。
evercutMay 21 20151

ラインナップは以下。
◆三徳包丁19cm
◆シェフナイフ19cm
◆クイジンナイフ 21cm
◆ペティナイフ 11cm
◆ペティナイフ 9cm
セット販売もされていますが、全部揃えるといいお値段します。三徳包丁が欲しい。。
evercutMay 21 20152


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑