和紙で出来た味わいダストボックス”紙和/Siwa”


和紙ってもっと色々活用出来そう。

オシャレなダストボックスを探していたら見つけました。

ダストボックスだけでなく収納や小物入れなど色々活用出来ます。

和の味わい。

風合いをだすため紙をクシャッとした加工を施しているそうです。

使い始めから使い込んだ和紙のような優しい手触りです。
使い込むとほどに柔らかくなり、表面が少し毛羽立ちより和紙独特の味わいが増していきます。

左が未使用、右が使用半年後のもの。

丈夫。

素材には障子紙の五倍の強度を持ち、水に濡れた状態の方が強度を増すという素材「ナオロン」が使われています。
ナオロンとは木材パルプとポリオレフィン繊維を原料とし、和紙漉きの製法で作られた素材です。
柔らかくしなやかな紙質ながら強度があり、水にも強く破れにくくなっています。

インテリアに馴染む。

和の味わいなんですが、シンプルなのでどんなデザインにも馴染みます。

カラーはブラックとブラウンの2色展開。
サイズも豊富なので様々な使い方が出来そうです。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑