【レビュー】買って後悔しないiPhoneケース。国立商店の「職人が作るレザースリーブ」。


2016年買ってよかったものシリーズ。

立て続きのレビュー記事です。kunitachisyouten_sleeve1

スポンサーリンク

iPhoneにケースはつける派?つけない派?

iphone7_kunitachiこれはかなり熱く盛り上がる永遠のテーマですが、私は「あまりつけたくないけど、仕方なくつける派」です。笑
iPhoneの美しいデザインをそのまま使いたいのですが、傷防止&落下防止を考えて試行錯誤しながら最適策を探し求めています。
関連:iPhoneのデザインは限界までそのままに、しっかり保護出来る「ケース&保護フィルム」検討結果レビュー。



新たな選択肢として「スリーブケース」を提案。

試行錯誤の結果、新たな選択肢として前から気になっていた「スリーブケース」を使ってみたところかなり良かったので紹介。購入したのは国立商店が販売している職人が作るシュリンクレザースリーブ iphone(¥3,110)」kunitachi2017/2現在、iPhone6モデルはAmazonでは安く(¥3,110)購入出来ます。在庫処分の可能性があるので購入はお早めに。

国立商店はこの「職人が作る〜」シリーズで有名なレザー製品を得意とするメーカーです。iPhone以外にもiPadやMacbook向けもラインナップしています。

sesries_link-02モバイルバッグ&関連グッズの企画・製作・販売を手がけるモバイルバッグカンパニー 国立商店です。創業は1995年、東京国立市。国立商店の代表者である遠藤幸作と、確かな腕を持った革職人が、東京都国立市で実店舗を開店したのが始まりです。2001年からは実店舗を廃しオンラインストア専業となり、現在に至ります。取り扱い中の製品は、ノートパソコンを安心して収納できるバッグや職人が作る革製インナーケースなどの自社開発品です。クオリティーにこだわり、製品の大部分を日本国内で生産しています。https://kawaya.com/

実店舗を廃止することで、高クオリティかつリーズナブルな価格設定を実現しているようです。最近はこう言ったメーカー増えてきていますよね。モバイルバッテリーメーカーの「ANKER」も同様の戦略で成功している企業と言えるのではないでしょうか。



なんといってもレザーの風合いが格好いい。

さて、開封していきます。同梱されているのは「スリーブ本体」「固定用バンド」の2点。バンドはカードをまとめて固定しておいたりするのに使います。
kunitachi2



本体自体は味のある2枚のレザーを貼り合わせた、かなりシンプルな作り。レザーの品質が良くないと安っぽく見えてしまう攻めのデザインは、さすが国立商店。
kunitachi3



採用されている「シュリンクレザー」とは製造工程において、表面のシボ(シワ)を目立たせる加工を施したものです。このレザーの高級感ある風合いがたまりません。表面のシボが手にしっかりと馴染んでくれる感触も心地良い。
kunitachi4



真っ赤なマイクロファイバー素材がiPhoneをしっかり守る。

スリーブ内側には真っ赤なマイクロファイバーが採用されています。購入前はちょっと派手過ぎるか?と思いましたが、実際に手にしてみると出し入れする際にチラッと目に入る挿し色がカッコいい。
kunitachi5


拡大するとこんな感じ。メガネ拭きなどの素材に用いられるマイクロファイバーの微細な繊維が見て取れます。この繊維が微細なチリを集める効果があるそうで、iPhoneを出し入れする度に液晶を拭き取ってくれます。
kunitachi6外側のレザーに加えて、このマイクロファイバーがiPhoneを優しく包み込むため、iPhoneを傷から守るという観点では普通のケースより優れていそうです。


iPhoneジャストフィットサイズが使用感◎。

kunitachi_sizeサイズは「ジャストフィット」と「ルーズフィット」の2つのサイズが用意されています。「ルーズフィット」とはiPhoneケースを装着していても収納出来るよう、余裕を持たせているモデル。ユーザーの使い方をかなり考えていますね。



私はiPhoneにケースを付けずに使用したいので迷わず「ジャストフィット」を選択。
kunitachi7


使用頻度が高いものなので取り出しにくいとストレスに繋がりますが、スッと出し入れ出来る絶妙なサイズ感に仕上がっています。こういう細部の使用感に拘っているのが日本メーカーの良いところですね。
kunitachi8私はiPhone6で使用していますが、サイズが殆ど変わらないiPhone7でも問題なく使用可能です。


「職人が作る〜」シリーズにはiPhone7やiPhoneSE用のバリエーションも取り揃えられているので、お持ちのデバイスに合わせて選択するのが良いでしょう。kunitachi_size2


スリーブケースのデメリットは?

スリーブケースの難点を挙げるとすれば、当然ですが「取り出し」動作が必要な点です。ポケットから出してパッとすぐ使うという動作がワンテンポ遅れます。
kunitachisyouten_sleeve2私の場合は慌てて出し入れする事があまり無いので、意外にもストレスは全く感じませんでした。むしろ取り出す際に液晶を拭き取れる点をかなり気に入っています。

頻繁に電話がかかって来る方は煩わしさを感じるかもしれませんので、使い方に合わせて利用検討する事をお勧めします。


総合的にみて、買って後悔しない商品。

  • 高品質レザーの落ち着いた風合いの格好良さ
  • iPhoneを保護する機能性の高さ
  • 価格

の観点から総合的にみて「買って後悔しないレベル」の商品でしょう。特に、iPhone6用は¥3,110とかなりお買い得。
kunitachisyouten_sleeve3
iPhoneのカメラの配置がちょっと変わると使用出来なくなるケースとは違い、多少のレイアウト変更があっても問題なく使えるという観点からも、長くレザーの経年変化を楽しみながら長く使えるメリットがあります。

iPhoneケースをお探しの方、スリーブケースという新たな選択肢、ご検討されてみてはいかがでしょうか?


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑