【レビュー】100均で安価にブツ撮り環境を整えてみる。


レビュー記事をそれっぽく。

スポンサーリンク

100均で安価にブツ撮り環境を整える。

何度かレビュー記事を掲載していますが、未だにiPhone6sのみという脆弱な環境でブツ撮りを行っています。本当はブツ撮り用に一眼レフとか欲しいですが。。新年も始まったことですし、安価にブツ撮り環境を構築できないか模索中です。ふらっと寄ったセリアで目に付いたのがこちらの二つ。

  • スマートフォン用マクロレンズ
  • 自撮り用LEDライト

早速レビューしてみたいと思います。

100均のマクロレンズで接写を可能に。

購入したのはこちらの商品。勿論100円。
先に結果を言ってしまうと想定以上に良かったという感想。
100kin_butsudorikankyo_2

対応サイズは下記の通り。要はスマホに挟める厚さでレンズに届けば良いので大抵の機種はこの環境はクリアできる条件かと思います。
100kin_butsudorikankyo


製品本体はこんな感じです。クリップ式にスマートフォンに取り付けるタイプ。
100kin_butsudorikankyo_4

キャップを外すとマクロレンズが登場します。さて、どんなものか。
100kin_butsudorikankyo_6



実際に撮影してみたのが下記。
マクロレンズ装着前。iPhone6sで撮影。接写するとぼやけてしまって全く撮影することができません。
100kin_butsudorikankyo_9

こちらがマクロレンズ装着後。次にレビューする自撮りLEDライトのアップ写真ですが、製品に付着するホコリまでくっきり写りました笑
100kin_butsudorikankyo_8最近は¥100均一でなくてもスマホ用レンズキットはかなり安くなっているので1つ持っておいても損はしないかと思います。

自撮り用LEDライト。

この製品「ブツ撮り」用では勿論ありません。「自撮り」用です。SNSに自撮りをアップする女性用のガジェットというわけです。スマホのイヤホンジャックに装着して使います。今気づきましたがiPhone7からはイヤホンジャックが廃止されているのでこの使い方は出来ませんね。。
100kin_butsudorikankyo_3

こちらが本体。プラ製の筐体にLEDが3つ搭載されています。重量が軽くかなりチープな作り(¥100均一なので当たり前ですが)。電池は別売りでCR2032を用意が必要です。
100kin_butsudorikankyo_7



点灯。明るさにビックリします。これ自撮り用に顔に向けると目に焼きつくくらい眩しいんですよね。女の子たちはここまでして自撮りしているのか。。
100kin_butsudorikankyo_1



早速「ブツ撮り」に活用してみます。さっきのマクロレンズをiPhone6sで撮ってみます。

LEDライト点灯なし。
100kin_butsudorikankyo_4

LEDライト点灯。黄色味が少し消えたのが分かるでしょうか?レビュー製品によっては重宝しそうです。
100kin_butsudorikankyo_5率直な感想としては思った以上に光の当て方が難しかったです。「ブツ撮り」環境は中々奥が深そうです。こちらはもう少し使い方を模索してみたいと思います。



ダラダラとレビューしてしまいましたが結論としては使い用によってはどちらも非常に重宝するアイテムかと思います。本当はこう言った、撮影BOXも利用してみたいと思っているので追々挑戦してみたいと思います。

以上、¥100均の「スマホ用マイクロレンズ」&「自撮り用LEDライト」レビューでした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑