iPhone7ジェットブラックをデザイン損なわずに傷や指紋から保護するオススメ装備。


iPhone7ついに発表されましたね。

歴代のiPhoneの進化を見ていると今回のiPhone7はインパクトが少なかったかな?という印象ですが、それでも「防水」「SUICA対応」の機能追加あたりは魅力的です。

デザイン面では今までのモデルと比較してアンテナラインが目立たなくなり、新色「ブラック」「ジェットブラック」の2色が追加されました。
iphone7-vari


スポンサーリンク

ジェットブラックがやっぱりカッコイイ。

特にジェットブラックはiPhone3Gのブラックを彷彿とさせる高級感ある光沢が魅力的な仕上がりになっています。
iphone7-jet-black


傷と指紋がつきやすい。

非常に魅力的な光沢ですが、繊細な加工技術により生み出されたデザインなため「傷がつきやすい」です。iphone7_jetblack_kizu

これに関してはアップルも認めており、公式HPに以下のような記載があります。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

傷をつけずに使用するにはiPhone用ケース装着前提とオフィシャルで認めてしまっているほど傷がつきやすいデザインということです。

実際にappleストアで確認してみましたが、指紋も非常に目立つデザインです。iphone7-jetblack-shimon


傷と指紋を防ぐには?

オフィシャルでも展開されている通り、ケースをつけるのが間違えないですが折角のデザインをそのまま楽しみたいものです。

対策としては下記2通りが考えられます。

  • 保護フィルムで全面カバーする。
  • クリアケースを装着する。


保護フィルムで全面カバーする。

最近は液晶面だけでなく、背面をカバーするフィルムも多種販売されています。
中でもオススメなのは指紋の目立たない反射防止仕様の背面保護シート。液晶・裏面保護フィルムセットで販売されています。iphone7-haimen-hogo-filmiPhoneのデザインを損なわないという意味では最善の対策かと思われます。

クリアケース装着。

もう1つの手法としてはクリアケースの装着。
sin_fit_iphone7_2保護フィルムだけで使用するよりも衝撃に強くなることと、持ちやすくなるという長所があります。iPhone7もiPhone6同様に片手で操作するには取り回しにくい形状なので、ケースを装着して手にフィット感が向上することで操作性向上効果が見込めます。

オススメは透明度とフィット感に定評のあるレイ・アウト iPhone 7 TPUソフトケース。ソフトケースの方がiPhone本体へのフィット感や、手で持った際のフィット感が向上するため個人的に好みです。
sin_fit_iphone7

新しいiPhoneを購入当初はiPhoneそのもののデザインを楽しみたいですよね。1年くらい使用しているとレザーケースなんかに興味が移ってきてしまいますが笑

以上、iPhone7を傷や指紋から保護しつつデザインを楽しむオススメ装備の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑