マイカーに¥2,688で手軽にヘッドアップディスプレイを導入できるガジェットが面白い。


近未来感がお手軽に。

ヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display、略称: HUD)をご存知でしょうか?
mpow_headup_dhisplay_1
もともとは軍事技術として開発された、フロントガラスに情報を投影する技術です。

戦闘機などに導入されており、計器類の確認など、フロントガラスに情報が表示されることにより視界を前方から切ることなく情報を確認することが出来るようになります。

既に自動車の一部高級モデルには搭載されています。下記はBMW E60のHUD。まるで映画の中に出てくる車のようで近未来感がカッコイイですね。目線をフロントガラスから外さなく良いので安全性も向上しそうです。
hud_bmw-e60とは言え気軽に車を買い換えるわけにも行きませんので、もう少し手軽に導入できるHUDを見つけたので紹介。

スポンサーリンク

気軽に・安価にHUDを導入できる。

Bluetooth接続を強みとしてスマホ周辺機器を取り扱うメーカー、Mpowから発売されているHUD。
mpow_headup_dhisplay_4開閉式でコンパクトに収まるディスプレイに、スマートフォンから画面を投影して情報確認することできます。



フロントのダッシュボードに粘着性テープで本体を固定するだけで設置完了。スマートフォン側には情報投影用の専用ナビアプリをDLします。
mpow_headup_dhisplay_6これだけで手軽にフロントガラスから視界を外すことなくナビを確認することが出来る様になります。



実用性はというと情報の視認性が重要ですが、日中の太陽光が強い環境下では、視認性が多少落ちることがあるようです。
mpow_headup_dhisplay_2価格も¥2,688(2016/9現在)と非常に安価に購入出来るので、HUDを手軽に体感するのにはピッタリの製品ではないでしょうか。

mpow_headup_dhisplay_5

以上、マイカーに¥2,688で手軽にヘッドアップディスプレイを導入できる「Mpow ヘッドアップディスプレイ」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑