話題のタイプライター風Bluetoothキーボード、「QWERKYWRITER」が国内発売スタート。


リアルタイプライター風メカニカルキーボード。

スポンサーリンク

話題のBluetooth接続タイプのタイプライター。

QWERTYWRITER_QWERTYTOYS_1
昨年紹介した「Qwerkywriter」が国内で発売開始しています。

ちなみに紹介した際に「Qwertywriter」と紹介してしましましたが、スペルが間違っていました。正しくは「QWERKY」。

Windows/MacOSX/Android/iOSに対応しているため、PC/スマホ/タブレット用としてバリバリ使えます。接続はBluetooth。QWERTYWRITER_QWERTYTOYS_7

ハードウェアにはCherry MXのメカニカルキースイッチ(青軸)を採用。青軸のメカニカルキーボードはキーを押し込んだ際に「カチン」とスイッチ感のあるタイプなので、機構は違えどメカニカルなタイプライター風タイピングを楽しむことができます。QWERKYWRITER_TOP

機構としてはメカニカルキーボードですが、デザインはこだわりまくっており、タイプライター特有の改行レバーまで搭載されています。
QWERTYWRITER_QWERTYTOYS_8

Amazonでは開発元のQwerkytoysが¥43,378で発売しており、キーボードとしてはかなり高額な部類ですがタイプライターの再現性から価格設定はある程度仕方ないかと。



ちょっと変わったキーボードをお探しの方ご検討されてみてはいかがでしょうか。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑