近未来感半端ないガラス製透過キーボード、「Q-gadget」が発売。


透過型近未来キーボード誕生。

スポンサーリンク

ガラス製透過タッチパネルキーボード。

「生活にアクセントと遊び心を。」をコンセプトに、”スペック以外も語れる家電&家具”をラインナップするブランド、UPQ(アップキュー)社から2/29、未来感漂うガラス製透過タッチパネルキーボード「Q-gadget KB02」(¥18,954)が発売されました。
4_UPQ_Q_gadget KB02_Apr 02 2016



さらに未来感を漂わせるのが、タイピング時は奥側に設置された青色LEDが点灯しキーを浮かび上がらせます。タッチパネルキーボードとしてだけでなく、タッチパネル(トラックパッド)への切替使用も可能。
5_UPQ_Q_gadget KB02_Apr 02 2016透過型キーボードというと一昔前は想像もつかない未来の世界でしたが、あっという間に現実となりました。



Windows/Macに加えて、iOS/Androidデバイスでも使用可能。接続はBluetooth 3.0もしくはUSB経由で行えます。本体サイズは18×340×162mm、重量は500g


打鍵感はゼロ。

こういったパネル型キーボードとなるとキーストロークが当然0mmで、打鍵感というものが全くありません。ガッツリタイピングする方の普段使い用キーボードとして使い倒すのには向かないでしょう。ブラインドタッチも相当使いこなさないと厳しい。
3_UPQ_Q_gadget KB02_Apr 02 2016使い物にならないかといえばそんなことはなく、タイピング時にLEDが点灯することでキーが認識しやすいため、思っていたより入力はしやすい印象。丁度iPadでタイピングする事をイメージして頂ければ良いかと。比較的コンパクトなのでデスクトップPC用のキーボードより、外出時のモバイルキーボードとして使用するのに適しています。



なにしろ「Q-gadget KB02」の魅力は透過型の近未来感溢れるデザインです。インテリアに近未来感を出すのにはピッタリ。UPQ_Keyboard
使い心地を追求したキーボードとは路線が違い、ちょっと自慢したくなるキーボードいかがでしょう?

以上、未来感半端ないガラス製透過キーボード、「Q-gadget」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑