一度使うと手放せない、水分を吸収してくれる折り畳み傘ケース「SUSU 傘ケース」。


折り畳み傘派には必需品。

スポンサーリンク

カバンの中が濡れるのを防ぐ折り畳み傘ケース。

清掃用品や、サニタリー用品を扱う老舗メーカー山崎産業株式会社から、便利な折り畳み傘ケースが販売されています。kasa_case_susu_4_Mar 27 2016

折り畳み傘は便利ですが、使用した後すぐにしまおうとするとカバンの中がびしょ濡れになってしまうのが難点。水を弾く素材を採用した折り畳み傘なんかも販売されていますが、水滴を完全に落とすのは結構手間だったりします。



SUSU 傘ケース(¥827)」はケース側で水分を吸収してしまおうというアイディア商品。外見は一見シンプルで、一般的に良くある傘ケースと何ら変わりはありませんが、ケースの裏地に吸水性に優れたマイクロファイバーが取り付けられています。
kasa_case_susu_2_Mar 27 2016


吸水性に優れたマイクロファイバー「SUSU」。

この「SUSU」という製品は、元々折り畳み傘ケースに使われていたわけではなく、山崎産業株式会社が開発した吸水力抜群のマイクロファイバーを元にバスマットなどの多様なサニタリー商品に採用される素材です。超極細ポリエステルを採用したマイクロファイバーは一般的に市販されているとは比較にならない吸水性の高さと、速乾性を実現しています。海外製を購入すると期待外れだったりしますが、こういった技術は日本は優れていますよね。
kasa_case_susu_point


このマイクロファイバーを傘ケースの裏地に採用することで、雨の水滴を素早く吸収・拡散・蒸発するため水滴を気にせずにそのまま収納できるというわけ。
kasa_case_susu_3_Mar 27 2016


折り畳み傘のサイズには注意。

Amazonのレビューを見ていると、吸水性能に関しては満足されている方が多いですが、せっかく購入したのに折り畳み傘が収納できなかったという方がちらほら見受けられます。折り畳んだ時のサイズが「全長24cm・周囲の長さが17cm」までの傘が収納できます。事前にお手持ちの傘のサイズを確認してから購入することをお勧めします。

カラーバリエーションはベージュ/オレンジ/グリーン/ブルー/ブラックの5色が取り揃えられています。
kasa_case_susu_1_Mar 27 2016


今年も折り畳み傘が手放せない梅雨の時期が近づいてきています。折り畳み傘派の方、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

以上、水分を吸収してくれる折り畳み傘ケース「SUSU 傘ケース」の紹介でした。


Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑