あのギターアンプでお馴染みマーシャルがコンパクトなBluetoothスピーカーに。「MARSHALL STOCKWELL」。


ギターアンプメーカーのコンパクトBluetoorhスピーカーシリーズ。

前回は「Roland®︎ jazz chorus」のコンパクトBluetoothスピーカーを紹介しましたが、「jazz chorus」があるなら「Marshall」は無いのか?と思い探してみたらやはり発売されていました。

スポンサーリンク

お馴染みマーシャルの伝統を引き継いだコンパクトなBluetoothスピーカー。

ギターを弾く方なら一度は触れた事がある「Marshallアンプ」。
marshall_stockwell_guiter_Series

marshall-logo-130px1960年ジム・マーシャル氏により、立ち上げられたマーシャル社。アンプの特徴としては、真空管を利用した暖かみのあるディストーション系の歪みが得意。大音量アンプの代名詞的存在で、多くのロック・ミュージシャンに愛用されています。

そんなMarshall の伝統を受け継ぐスピーカーシリーズ最小・最軽量のBluetooth スピーカーが「Marshall STOCKWELL」。ウーファーツィーターを各2基ずつ搭載しており、コンパクトながらMarshallらしいパワフルなサウンドを再現します。

ギターアンプの外観そのままコンパクトなBluetoothスピーカーに。

伝統あるMarshallシリーズのデザインを踏襲しており、誰がどうみたってMarshallそのもの。ギターを弾く方には愛着のあるデザインでは無いでしょうか。
2Mar 22 2016marshall_stockwell_bluetooth_speaker

3.5mmの付属コイルコードで接続するか、Blootoothでの接続になります。Blootoothはver4.0に対応。marshall_stockwell_press_11本体サイズは持ち運びも手軽な、260mm(W)×41mm(D)×140mm(H)とコンパクト。以前紹介したJazz chorusが187mm(W) x 69mm(D) x 97mm(H)ですので、比較すると長手方向はMarshallが大きいですが、代わりに厚さを抑えているようですね。普段利用しているバッグに長手方向が入れば薄い分収納しやすいかもしれません。

イコライザーを搭載。

丈夫にはボリュームつまみに加えてBASS・TREBLEが調整できるイコライザを搭載しています。Jazz Chorusにもついていましたが、Bluetoothスピーカーでイコライザを搭載しているモデルは中々ありません。ここはさすがのGuiterアンプメーカーですね。イコライザやINPUT端子のパーツ1つとってもMarshallと言うのが一目で分かるのがスゴイ。
5Mar 22 2016marshall_stockwell_bluetooth_speaker

高級感のあるフリップカバーを搭載。

折りたたみ開閉が可能なフリップカバーが付属します。カバーの素材はお馴染みのMarshallレザー。閉じている状態ではバッグのような見た目です。
4Mar 22 2016marshall_stockwell_bluetooth_speaker

レザーの裏側には真っ赤なヴェルヴェット素材と、なんとも高級感のある仕上がり。これはめちゃくちゃカッコイイですね。この素材がスピーカー本体を傷から守ってくれます。
3Mar 22 2016marshall_stockwell_bluetooth_speaker

フリップカバーは折り畳むとスタンドとして機能します。
1Mar 22 2016marshall_stockwell_bluetooth_speaker

ちょっと他人に自慢したくなるようなコンパクトBluetoothスピーカーをお探しの方、ご検討されてみては如何でしょう。

以上、ギターアンプでお馴染みマーシャルのBluetoothスピーカー、「MARSHALL STOCKWELL」の紹介でした。

コンパクトBluetoothスピーカー関連記事。

Wrenz_speaker_5
ちょっと人と違うモノが好きな方にオススメ。

Sponsor

Subscribe

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Facebookページ
最新情報を更新しています。

Twitterでも最新情報をつぶやいています。

Sponsor

Sponsor

 

重い腰を上げてfacebookページを作成してみました。
Twitterでも更新情報をつぶやいています。

↓ランキング10位以内目指して奮闘中。
雑貨 ブログランキング
     
    Menu
    ×
    PAGE TOP ↑